医師コラム

水虫の薬の塗り方
2016年11月8日
糖尿病の薬物治療
2016年11月22日

骨隆起

先日、口の中に硬いできものができたと慌てて受診した患者さんがいました。
お口の中をチェックしたところ、この硬いできものの正体は、顎の骨が過剰に発達してできる「骨隆起」でした。
骨隆起の原因は、強い噛み合わせの力が顎の骨に伝わり骨が過剰に発達するためだといわれており、歯ぎしりや食いしばりがある人は要注意です。
骨隆起は長い時間をかけて少しずつ大きくなるので、気付いたときに「何か悪いものができてしまった!」とびっくりするわけです。この骨隆起は骨の塊なので、特に生活に支障がなければそのまま放置しても問題ありませんが、義歯を装着する際に支障が出る場合があります。骨隆起の上に義歯が入ると、義歯と骨隆起が当たって痛みの原因になるからです。義歯の装着が困難、審美的に気になる、発音しづらいなど、日常生活に支障が出てきた場合は骨隆起を除去する手術を行うこともあります。
骨隆起の原因となる歯ぎしりや食いしばりによる顎の骨への負担を軽減させるために、マウスピースを作成し装着するのも良いでしょう。

歯科医師 畑 昌子