医師コラム

足白癬(水虫)
2017年8月8日
糖尿病の合併症
2017年8月22日

歯をぶつけてしまった!

「転んで歯をぶつけてしまった」「子ども同士でふざけていて頭が歯に当たってしまった。」など、多くの人が前歯の負傷で受診されます。
・歯がグラグラしている
・歯の位置が変わった
・出血している
・歯が抜けてしまった(!)
といったぶつけた直後の症状から、
・歯の色が変わってきた
・歯ぐきが腫れてきた
・歯ぐきから膿が出てきた
など、しばらく経ってから出てくる症状もあります。
何はともあれ、歯をぶつけてしまったらまずは歯科を受診しましょう。
もしも歯が抜けてしまった場合は、抜けた歯を生理食塩水または牛乳に入れて出来るだけ早く歯科を受診してください。1時間以内であれば元の位置に戻せる可能性があります。もしも生理食塩水や牛乳がない場合は口腔内に歯を入れて唾液で保護しましょう。その際、飲み込んだり噛んだりしないよう注意が必要です。
歯の色が変わってきたからといって、必ずしも神経の治療をしなくてはならないわけではなく、症状がない場合や乳歯の場合はそのまま経過観察をすることもありますが、痛みが出たり歯ぐきが腫れて膿が出てくるようであれば治療の必要があります。

歯科医師  畑 昌子