医師コラム

マニキュア
2017年11月21日
糖尿病網膜症
2017年12月5日

乳歯はいずれ生え変わるから

乳歯はいずれ永久歯に生えかわるから、むし歯の治療はしなくても良いと考えてはいませんか?

乳歯は永久歯と比べ、むし歯の進行が早いのですが、痛みに鈍感なため痛みを訴える頃にはむし歯がかなり進行していることも多く、むし歯が歯の神経まで達していることもよくあります。

むし歯を放置して歯の形が崩れると、噛み合わせのバランスが崩れて上手く噛むことができなくなり、栄養を十分に摂ることができなくなります。また顎の成長にも影響が生じるので、歯並びにも悪い影響を及ぼします。歯の神経まで達したむし歯を放置していると、歯の根に膿がたまって後から生えてくる永久歯の質や形にも影響を及ぼすこともあります。

乳歯はいずれ生え変わるからといって、むし歯を放置することは良くありません。将来の健全な永久歯のためにも、乳歯は大切にしなければなりません。

むし歯は見た目は小さくても、中で大きく広がっている場合もあります。保護者の方が子どもの口の中を見てむし歯がないと思っても、定期的に歯科を受診されることをお勧めします。また、歯に穴が開いていなくても色がついているなど、むし歯かな?と思ったら早めに歯科を受診しましょう。

歯科医師  畑 昌子