医師コラム

死について32
2018年4月3日
手足の皮がむける
2018年4月17日

かみ合わせ調整

歯が健康な時、上下の歯一本一本の位置関係を意識して生活している人はあまりいません。しかし、歯に痛みが出ている時や、治療している歯がある場合には、かみ合わせが気になるという人が増えます。
歯は骨の中に植わっており、歯と骨は歯根膜とよばれる繊維で結合しています。この繊維は咬む感覚をつかさどっています。かぶせ物や詰め物を装着した際にかみ合わせに違和感を感じた経験がある方も多いでしょう。
では、かみ合わせに違和感がある場合どう対処すればよいでしょうか?
歯そのものにむし歯や、根の先端部の炎症や、重度の歯周病などのトラブルがあれば歯が浮いた感じがすることがあります。この場合は歯を少し削って当たりを弱くして負担を軽減する必要があります。
歯にかぶせ物や詰め物を装着したときに違和感を覚える場合は、少し慎重に対応する必要があります。治療で歯を削ると歯根膜に力が加わらない時期ができます。そこにかぶせ物を新たに装着すると歯の位置を高く感じやすくなります。その結果、装着直後の感覚でかみ合わせを調整すると、かぶせ物を削りすぎてしまうことにつながりま
す。歯のかみ合わせ感覚は繊細ですが、時間とともに慣れてくる面もあるので、慌てずに様子を見る場合も多いです。

医師 畑 茂