医師コラム

寝ながらコンタクトで近視進行抑 制?!
2019年7月9日
こどもの皮膚
2019年7月23日

日本独自のことに注意2

先日先進国の中で日本だけがヒトパピローマウイルスワクチン接種に対して積極的でないと書きましたが、シンガポールでは中学1年生の女子に学校で接種が始まりました。接種を積極的に行なっているオーストラリアでは子宮頸がんがそのうち激減するであろうと予測されています。
日本では、今は自治体から連絡は来ませんが、現在でも高校1年生までの女子に対しては定期接種項目ですので、日本で住民票がある方は日本で無料で接種を受けることは可能です。
シンガポールでは、供給が安定しておりませんが、より多くのタイプをカバーできるガーダシル9も接種可能です。

日本独自で不思議だったことの一つに10代にタミフルが禁忌だったことがあります。
タミフルの内服の有無に関わらず、インフルエンザの感染で異常行動があることは前から分かっていましたが、タミフルでより増加する可能性も考え、日本では念のためにタミフルは10代には処方しない措置がとられていましたが、ようやくタミフルの処方も問題ないと認められました。一時期副反応に過敏に反応するのはヒトの特性上仕方ないところもありますが、データが揃ったら合理的に判断し、決断をし直すことの重要性が分かる事案だと思います。

医師 林 啓一