医師コラム

内視鏡の光
2019年9月24日
医療の不確実性1
2019年10月15日

子供の歯ぎしりは大丈夫?

夜寝ている時に子供の「ギリギリ、ギシギシ」という歯ぎしりの音の大きさに驚かれ心配になったことはありますか。
子どもの歯ぎしりは、早い子では歯が生え始める生後6カ月ごろから始まります。中学生くらいまで続く子もいます。しかし、これは次に生えてくる子供の歯や大人の歯の位置やあごの位置を決めようとする生理現象なので、心配いりません。たいていは、成長に伴い顎の変化に順応するために、歯をすり合わせてかみやすいポジションをつかんでいると思っていただければ良いと思います。

ただ 大人の歯ぎしりの場合は少し違い、 ストレスや顎関節症、歯並び、睡眠時無呼吸症候群などとの関連が指摘されており、治療が必要なケースもあります。
子どもの場合は生理現象である理由から、治療になることはほとんどありません。ただし、歯が必要以上に削れてしまうほど歯ぎしりが強い子どもは、歯ぎしりをやめさせるのは難しいので、歯を守るために「ナイトガード」というマウスピースのようなものを夜間のみ使う場合があります。

子供の歯の状態が気になる場合は、一度歯医者さんで相談してみましょうね。

医師 伊藤 明雄