医師コラム

インターネットの使い方1
2018年12月18日
日本独自のものは疑いましょう
2019年1月2日

泥だらけのサッカー、ラグビ ー場には!? 

最近あるサッカーチームの子供達が、「目が赤いのがなかなか治らない」という訴えで眼科を受診されてきました。経過を詳しく聞くと、すでに他院を受診し抗生物質の点眼薬を処方され、点眼しているというのです。このケースの場合、大概はアデノウイルスによる結膜炎などを疑うのですが、目やにや瞼の腫れもそれほど酷くはないとのことでした。

さらに問診を詳しく聞くと、1-2週間前に雨の中、泥だらけの中でサッカーをしたとのことでした。
この「泥だらけの中」がキーワードになります。
答えは、「マイクロスポリジウム」という寄生虫による角膜と結膜の炎症です。臨床所見としては、ほんのりとした充血、結膜浮腫をきたし、眼科診察上では、角膜上皮に小さな顆粒状の斑点が付着しています。

マイクロスポリジウムは普段は土壌深くや溜まった雨水などの中にいるのですが、雨が降り土が柔らかくなったグラウンドでサッカーやラグビーを行うと、跳ねて目に入った土砂から角膜に付着し、ゆっくりとした進行で炎症を引き起こすのだと考えられます。

治療方法は、点眼薬や内服薬など特に有効なものはなく、感染を起こしている角膜上皮を削ることしか有効な方法はありません。海外の報告では、治癒が遅れると角膜混濁を起こし、角膜移植が必要になったケースもあることから、泥や不衛生な水が目に入ったあとになかなか治らない結膜炎に関しては上記を疑った方がよさそうです。

予防方法としては、泥が入ったあと、市販の点眼薬やアイボンみたいは眼洗浄液を大量に用いて数回眼の中を洗眼し、数日中に眼科受診をすることをおすすめします。

医師 岡野 喜一朗