医師コラム

清涼飲料水に課税を
2016年10月18日
(デジタル)メディアと子供
2016年11月2日

白内障手術ツーリズム!?

「みえづらい」「かすむ」「まぶしい」「2重にみえる」など、と感じたことはありませんか?水晶体の濁りにより、光の散乱、透過率の低下を生じそれらの症状がある場合、それは「白内障」が原因の可能性が高いです。発症年齢を年齢別にみていくと、50代では37~54%、60代では66~83%、70代では84~97%という報告もされており、高齢化社会を迎えつつあるシンガポールでも、白内障治療は注目されています。外傷やアトピー、糖尿病があると20~30代でも発症することがあります。白内障は、そのほとんどが加齢性変化によって生じます。
治療法はすでに確立されており、点眼麻酔をした後に、濁った水晶体を2.0~2.4mmの切開創から超音波を使用して砕き吸引した後に、50年はもつといわれている眼内レンズを挿入固定し、傷口を縫合することなく自己閉鎖し手術は終了します。
痛みもなく鋭い刃物がみえるという恐怖感も全くありません。多くの患者さんが「万華鏡をみているようだった」と感想を述べられています。
白内障手術はその技術革新と効果的な薬剤の開発により、現在ではほとんどが日帰り手術です。
当院では、シンガポールにおける白内障手術の支援はもちろんのこと、日本の健康保険を用いて日本で手術を受けたい方々のために、日本のクリニックと協力して、短期間で手術ができるシステムを確立しています。必要最低限の検査をシンガポールの当院で行い、手術日の数日前に日本へ帰国、術前追加検査をしていただき、手術を施行します。術後翌日以降のフライトでシンガポールに戻ってきた後は、当院で術後経過観察をします。安定感の高い白内障手術だからこそ可能となった「日本短期滞在型の眼科手術支援」です。白内障手術の安定感はそのぐらいにまできています。日本にお住まいのご家族の手術にも対応いたします。どうぞ、当院眼科までご相談ください。

医師 岡野 喜一朗