医師コラム

運動を処方されたことがありますか?
2017年1月24日
スマイルライン
2017年2月8日

脂漏部位のスキンケア

脂漏とは、脂腺の排出が増大し、皮脂が多い状態です。頭や顔、胸や背中は脂漏部位と呼ばれ皮膚の表面が「てかてか」しやすい場所です。顔面が油っぽい肌は、オイリースキンと呼ばれることもあります。
オイリースキンに対しては、まず皮脂や汚れを丁寧に洗い落とすことが基本となります。一般に、脂漏部位は2-3時間で皮脂量は回復します。しかし角層は強くこすって洗浄すると24時間は回復しません。過剰な洗浄は肌荒れをおこしますので、刺激のない洗浄剤でやさしく洗い、すすぎも十分行うことが大切です。その後収斂効果のある化粧水を使用します。洗浄後につっぱり感が強い場合は、保湿効果のある化粧水を使うのもよいでしょう。マッサージは皮脂の分泌を促すので行わないほうがよいでしょう。
頭の脂漏は、ふけ症をひきおこすことがあります。ふけ症のスキンケアについては、まず頭皮に脂漏性湿疹がある場合はまずその治療をします。その後ふけ、かゆみを抑える効果のあるシャンプーなどを使用します。しかし頭皮を強くこすったり、過剰に洗浄することで皮膚炎を惹起しやすいので、やさしく洗うことが大切です。すすぎも念入りに行いましょう。刺激のある整髪料も使用しないほうがよいです。

医師 大月 亜希子