医師コラム

顔が動かない! ~顔面神経麻痺について~
2020年3月17日

大腸ポリープの新しい治療法 コールドポリペクトミー

大腸ポリープをすべて切除(クリーンコロン)すると、将来的な大腸がん発生と死亡が抑制されることが分かっています。

大腸ポリープ切除の方法は、従来ワイヤーをポリープにかけてしばった後、電流を流し焼いて切除する方法が主流です。しかし、血管の豊富な粘膜の下の層が「やけど」をした状態になるため、治療数日後に血管が破れ出血をおこすリスクが1%程度あります。
そこで、新しい治療法としてコールドポリペクトミーという電流を使用せず切除する方法が、ここ数年脚光を浴びるようになり、当院でも導入しました。

コールドポリペクトミーは「やけど」がないため、出血や腸に孔があくリスクが限りなくゼロに近く安全な方法と言われています。また、切除面から特別な出血がない限りはクリップによる処置も必要ありませんので、検査費用の軽減にもつながります。

コールドポリペクトミーの治療適応は10mm未満の良性ポリープ(腺腫)と限定されますが、将来の大腸がん発生リスクを減らすクリーンコロンを目指すうえでは有効な治療法と言えるでしょう。

医師 佐野 智彦