医師コラム

2017年9月19日

大人のニキビ

ひと昔前は「ニキビは青春のシンボル」などと言われたものですが、最近は成人女性でもニキビに悩む人が増えてきました。 ニキビは(1)過剰な皮脂の分泌(2)角化異常に伴う毛包の塞栓(毛穴が詰まること(3)アクネ桿菌(ニキビ菌)の増殖、以上の3つが主な要因です。 中学生や高校生など10代のニキビは頬・おでこ […]
2017年9月12日

歯がしみる

一年中暑いシンガポール、冷えたビールやジュースを飲みたい!でも一口飲んだとたん、歯がしみて、なんとも言えない痛みを感じた経験がある方は多いと思います。むし歯かな?と思い返してみても、定期的に歯科受診をしており、身に覚えが無い。そんな場合は象牙質知覚過敏症を疑います。 象牙質とは歯の本体部分を構成して […]
2017年9月5日

死について30

以前この連載の中で、医療の進歩に伴う「死に方」にまつわる問題を議論しました。 今度は視点を変えて、「命の選別」の話をしようと思います。 まず、必ず思い出す問いがあります。それは、日本のある医学部受験向け予備校で講演を頼まれたときに、講演後の質問会で塾生から向けられたものです。「胎児はいつからが『人間 […]
2017年8月29日

逆流性食道炎

今回は、最近日本において増加傾向であるといわれる、逆流性食道炎についてお話しします。 逆流性食道炎とは? 逆流性食道炎とは、胃の内容物が食道内に長時間にわたり逆流・停滞することにより、食道に炎症が起き、びらんや潰瘍が生じる状態のことです。 どうして炎症が起こるのか? 胃酸は強酸性です。食道と胃のつな […]
2017年8月22日

糖尿病の合併症

今日、日本の糖尿病の患者数は予備軍を含めると2210万人と推定されていますが、実際に治療を受けている糖尿病患者の数はその10分の1程度にすぎません。治療を受けている人の数が少ない理由として、糖尿病は初期段階で自覚症状がないために、放置されがちであることが考えられます。ここが糖尿病の盲点になっています […]
2017年8月15日

歯をぶつけてしまった!

「転んで歯をぶつけてしまった」「子ども同士でふざけていて頭が歯に当たってしまった。」など、多くの人が前歯の負傷で受診されます。 ・歯がグラグラしている ・歯の位置が変わった ・出血している ・歯が抜けてしまった(!) といったぶつけた直後の症状から、 ・歯の色が変わってきた ・歯ぐきが腫れてきた ・ […]
2017年8月8日

足白癬(水虫)

いわゆる「足の水虫」のことを「足白癬(あしはくせん)」といいます。原因菌である白癬菌は、皮膚の角質にあるケラチンと呼ばれるタンパク質を栄養源としているカビ(真菌)です。 足白癬には、趾間型・小水疱型・角質増殖型の3種類があります。趾間型足白癬は、足趾の間の皮膚が剥けたり白くふやけたりします。小水疱型 […]
2017年8月1日

ヒアリで話題のアナフィラキシー 納豆とマリンスポーツ

ヒアリ(ファイヤーアント)に刺されると酷いアレルギー反応・アナフィラキシーが起こることがあり、その被害が大きく報道されています。米国で年に100名ほど死亡しているという話がありますが、これはハチなどを含むデータのようで、実際にヒアリでアナフィラキシーを起こす人はそこまでは多くないようです。よく分から […]
2017年7月25日

ピント調節

本やスマホをみるときにピントが合うまで時間がかかったり、手元から離して見るようになったりしませんか?40代にさしかかると、もともと眼が健康で眼鏡要らずだった方も自覚することがあると思います。これがエイジングに伴う調節力の低下、「老眼(シニアアイ)」です。 眼の筋肉は、遠く(無限遠)を見ている時がリラ […]
2017年7月18日

狂犬病

「2017年7月5日、マレーシアのボルネオ島で農村地域に住む3名が狂犬病に感染し6歳と4歳のきょうだいが死亡した」という悲しいニュースがありました。 狂犬病は、発症するとほぼ100%死亡します。狂犬病は狂犬病ウイルスに感染したイヌ、ネコおよびコウモリを含む野生動物に咬まれたり、引っ掻かれたりしてでき […]