眼科 – 近視抑制点眼治療

眼科

近視抑制点眼治療


近視抑制治療「 0.01%低濃度アトロピン点眼」のご案内

近視とは

近くは見えるが、遠くが見えにく眼の状態です。眼の構造で説明すると、物がはっきりと写る眼の内面(網膜)で焦点が合わず、その手前で焦点が合っています。その焦点のずれを眼鏡やコンタクトレンズなどで補正し、ピントが合うことで遠くがよく見えるようになります。

近視の進行

近方作業を続けることで眼の中のレンズを厚くする筋肉(毛様体)の緊張し続けている状態(仮性近視)からはじまっていくと考えられています。次に、眼の軸が長く伸びるか(軸性近視)、眼の中のレンズが膨らんだまま元に戻らなくなり(屈折性近視)、近視が進行していきます。大部分は軸性近視で、屈折性近視はまれです。

学童期の近視の進行は、
(1)遺伝の影響がある
(2)都市部では早い
(3)IQや学力が高いほど早い
(4)近方作業の程度が強いほど早い
と大規模な調査で結果がでています。


出典:http://www.me-kaiteki.com/refraction-accommodation/myopia/

近視の悪影響

日本人の近視人口は、41.8%と大規模な調査でわかっています。近視が進行しすぎると、メガネやコンタクトレンズを頻回に変えていかねばならない以外に、病的近視(全人口の5.5%)に発展してしまう可能性もあります。病的近視は、眼球がさらに伸長し網膜がさらに薄く引き延ばされるため、黄斑部や視神経がある網膜の大事な部分がボコッと後ろに突き出し、後部ブドウ腫といわれる状態になり、緑内障、網膜剥離や眼底出血などの視力を失いかねない合併症を引き起こしやすくなります。


出典:http://www.mcnv-eye.com/disease/about_mcnv/

近視抑制治療

学童期の近視の自覚は、黒板の字の見えにくさです。席を前のほうにしても見えづらい場合は、裸眼視力は0.2〜0.3と言われているので、これよりも早期から治療開始をするのが好ましいと考えています。そこで、眼が大きくなる(眼軸長が伸びる)ことを抑制する治療法が、長年の臨床研究で効果が実証されてきました。

アトロピンは、眼軸長を伸展させる働きに関連するムスカリン受容体をブロックする効果があると言われています。これを低濃度(0.01%)にすることで副作用を回避し安全に治療できることがわかってきました。他にも、オルソケラトロジー(ナイトコンタクト)やMC(Myopic Control)メガネなどもあり、それぞれ、医学的根拠(エビデンス)が出始めています。

外来受診時に、医師にご相談ください。近視が進行しやすい、15〜16歳まで長期に使用することをお勧めします。

当院の0.01%アトロピン点眼治療

シンガポール国立眼科センター(SNEC)での0.01%アトロピン点眼治療の効能・効果及び安全性(2年間継続)の報告では、近視の進行を平均40〜50%軽減させたとの報告が発表されており、これと同等の薬剤を使用しています。毎日就寝前に1日1回1滴点眼するだけの簡易な治療法です。当院で使用する薬剤は1回使用の防腐剤(保存剤)なしの点眼瓶です。

副作用

日本でも副作用に対する報告がされましたがほとんど皆無です。アトロピンは、瞳孔(黒目)を大きくしたり、ピント調節する筋肉を麻痺させるなどの効果があり、点眼後、まぶしい、手元がみえづらいなどの症状が生じることがあるのですが、低濃度ではこれらの副症状はほとんどみられなかったとのことです。しかし、薬剤使用にあたりアレルギーや顔面紅潮、頭痛、嘔吐などの症状がでないか注意してください。

点眼治療への流れ

近視は保険が効かないため自費診療になります。

(1)初診 エントリー  所要時間45分前後 – 128.40ドル(消費税込み)
視力、斜視の有無、3Dを認識できるかなど、視力の発達に問題がないか一般的な眼科の検査をさせていただきます。

(2)再診 パッケージS  所要時間75分前後 – 107ドル(消費税込み)
瞳孔を開く調節麻酔下での屈折検査をします。これにより真の近視度数がわかり、治療開始となります。0.01%アトロピン1ヶ月分処方。

(3)再診 パッケージL  – 214ドル(消費税込み)
視力、近視の進行度、眼への副作用をチェックします。0.01%アトロピン3ヶ月分処方

以後、3ヶ月ごとの再診で薬剤処方や眼科検査をいたします。

眼科受診のおすすめ

緑内障検診
近視抑制点眼治療
斜視弱視治療
日本短期滞在手術支援

 ご予約はお電話でのみ承ります
(65) 6311-1190[本院]
分院はこちら

 診療科目や診断書・証明書作成などについて