産婦人科 – 不妊外来

産婦人科

不妊検査のご案内


不妊検査パッケージ

何も避妊せずに、1年間同じパートナーとの間で子供ができない場合を不妊症といいます。不妊症の原因にはさまざまなものがあり、原因を知ることは妊娠への近道といえます。また、治療を始める前には必ず検査が必要となります。

当クリニックでは不妊検査として必要不可欠なものをパッケージとしてご用意しています。初診時、検査内容とその意味についてしっかりとご説明し、すべての検査終了後にはカウンセリングを行い、検査結果を元にひとりひとりにあった治療法を選択していきます。検査のみご希望の方もご遠慮なくご相談ください。

NO パッケージに含まれるもの 受診日目安
1 初診料
2 再診料
3 ホルモン検査 :
・FSH
・LH
・Estradiol ( E2 )
・Prolactin
・甲状腺機能( FT4、TSH )
・抗ミュラー管ホルモン(AMH
Day2-3
4 子宮卵管造影(HSG) Day6-9
5 超音波検査2〜4回
・子宮・卵巣の形態チェック
・卵胞発育・排卵チェック
クラミジア
Day12、16
6 Huhnerテスト Day11-14
7 ホルモン検査 :
・Progesterone
Day21-23
8 精液検査 要予約

*受診目安は生理開始日からの日数です。

パッケージ料金

$1,350
シンガポールドル・別途消費税がかかります。

注意事項

  • 不妊検査は生理の2日目から始まります。
  • 精液検査については、お渡しする説明書をよくお読みの上、前日までにご予約いただきます。
  • 上記以外の検査(追加の超音波検査や尿検査など)は別途料金がかかります。
  • 以前に不妊について検査を受けたことがある方は、検査結果をお持ちください。

基礎体温(BBT)について

毎朝、起きて活動を始める前に体温を測ることによって、自分の体のリズムを知ることができます。まずは気軽な気持ちで半年間つけてみましょう。つけ忘れても、あまり気にせず翌日からまたつけ始めてください。基礎体温表もご用意しています。ご希望の方は、受診時にお申し出ください。

精液検査

不妊の原因は男性因子、女性因子が半分ずつです。女性因子ばかり検査したり、女性側ばかり治療してもあまり意味がありません。是非ご主人の協力をお願いします。

精液採取時の注意事項

  • 採取容器は、当クリニックでお渡しします。
  • 採取前3日間は禁欲してください。
  • 採取してから、1時間以内に提出していただきます。自宅から1時間以内に来院できない場合は、院内での採取をお願いします。
  • 精液所見はそのときの体調によっても変化します。異常所見が見られた場合は、再検査を受けていただくこともあります。

診療スケジュール

ブギス本院 午前のみ 午前のみ

産婦人科診療は予約制です。お電話にてご予約ください。
診療時間・アクセス

担当医師


長谷川 裕美子 医師

長谷川 裕美子 医師はせがわ ゆみこ

専門 産婦人科
経歴 東邦大学医学部卒業
東京医科大学病院産科婦人科入局
2015年12月より現職
認定資格 日本産婦人科学会専門医
日本産科婦人科内視鏡学会会員
日本婦人科腫瘍学会会員
日本生殖医学会会員
メッセージ 10歳の頃から高校進学までの5年間、駐在員の家族としてシンガポールに住んでいた経験があります。また現在プライベートでは2児の母です。そんな自分自身の経験を最大限に生かして、妊娠前、妊娠中、分娩、産後、また月経不順や生理痛、その他婦人科疾患など、産婦人科全般について少しでも不安が和らぐよう、心に寄り添った医療を提供させていただきます。同じ女性として、人には言いにくい些細な悩みもお気軽にご相談ください。

 ご予約はお電話でのみ承ります
(65) 6311-1190[本院]
分院はこちら

 診療科目や診断書・証明書作成などについて